German English
Language: 
 

 

Eilika - soprano

アイリカ・ヴュンシュ

ソプラノ

 

 

...誰がこの繊細な女性からホール全体に響く声が出ると想像しただろうか!?彼女の声は大きなアリーナにおいても全聴衆に生の声を届かせることができるオペラの声である。モーツァルトのコンサートアリアでは彼女の声の音域の広さとダイナミズムの大きさに驚かされ、そのフォルテッシモはまるでなにか物を切ってしまうほどのメタリック性を持っていた。しかしシューベルトの歌曲においては、ビロードのようにやわらかく細やかな表現で歌ったのである。この晩彼女はメゾ・ソプラノのようなやわらかく暗い響きでリート歌い、同時にドラマティックなソプラノアリアをもこなしたのである。」(2011年5月1日 シュヴェービッシェ・ポスト紙)

 

1983年北ドイツ・東フリースラント地方で教会の牧師であり政治家でもあった父親の長女としてアイリカは生まれる。彼女の祖父である世界的に著名な、ヨーロッパ中世都市研究者のハインツ・シュトープ博士がもともと音楽家を志していたという影響で、5歳の時ピアノを始める。16歳でアメリカ・サン・ディエゴで声楽を始め、2002年ドイツ・デトモルト国立音楽大学声楽科に在籍するが、志半ばにて断念。その後ミュンヘンの哲学専門大学にて勉学。哲学と元来持ち合わせる詩と文筆の才能の頭角を現しつつあった2005年、ミュンヘンでの小林春仁教授との運命的な出会いにより本格的に歌の世界に再帰する。日本で広島を皮切りに全国各地で150回以上ものコンサートを行い、彼女の歌声は広く知られていく。2009年から福島で「アイリカ国際音楽祭」が始まった。2011年3月東日本大震災の日から彼女は福島の人々を助けるため日夜奔放し、彼女の友人でもある元ドイツ統一大統領クリスチャン・ヴルフ氏らにも協力を求めつつ、被災地の親子たちをベルリンに受け入れる一方、ドイツ中で被災地のためにチャリティー・コンサートを行い、同年5月に被災地を訪問し避難所を回りコンサートをする。ドイツに戻ってから災害の影響や疲れなどから5週間の病院生活を余儀なくされる。そのようなアイリカの真の愛情を持って何事にも深く情熱を傾ける心が彼女の歌にも表れている。2010年スイスのプレミウム国際オペラ・コンクールにて最優秀賞を獲得し、ヨーロッパの彼女を知る音楽家たちは、「アイリカの声は特別な声!」、「今まで類のない素晴らしい声!」、「パーフェクトな声のコントロール」、「将来歴史的な名を残す偉大な歌手になるに違いない!」などと絶賛している。日本では近い将来「日本が生んだドイツの歌の女王アイリカ」と人々に喜ばれる日がやってくることを熱く期待されている。2011年12月フランクフルトで、現在ドイツを中心に名声を上げている指揮者・ピアニストであるベルナルド・ヴュンシュと録音したシューベルト、ヴォルフ、ツェムリンスキーの歌曲がオーストリア放送局で翌2012年1月に特別放送された。

 一度歌をあきらめたアイリカが、ベルカント唱法の秘密を明らかにして本物のオペラ歌手の育成と、「声の治療は真の発声法からしかできない」と証明している“Kobayashiメソード”により、人間として不可能と思われるまでの完成度の高い声を手に入れることに成功し、今まで世界で女性が歌った録音が4本しかなかったシューベルトの「冬の旅」を2011年9月ミュンヘンでリリースし、プロとして本格的なデビューを果たした。その歌声と解釈の素晴らしさで、「今までの女性が歌った最高の『冬の旅』だ!」と歴史的名歌手シュヴァルツコップとフィッシャー・ディスカウのマスター・クラス伴奏者を務めたステファン・ラオックス氏が自信を持って言うアイリカの「冬の旅」であった。彼女の「冬の旅」ではとくに失恋の苦しみと痛みと失望が奥深く表現されていて、さらにその中でも同時に救いや幸福をも聴く人に感じさせてくれるのである。そしてその後すぐに2012年ベルリン・フィルハーモニー・ホールや、ミュンヘンの王宮劇場、クヴィレス・テアターのような有名な劇場やホールから出演依頼が相次ぎ、シュヴァルツコップやフィッシャー・ディースカウ、ヘルマン・プライ、ペーター・シュラーヤーなどの往年の大歌手の「冬の旅」やドイツ・リートを伴奏した歴史的名ピアニスト:イェルク・デームス氏は「アイリカの『冬の旅』は素晴らしい!できれば私もその伴奏をしたい!」と、手紙をしたためた。そしてベルナルド・ヴュンシュも彼女の声と音楽性を絶賛し、「2012年2月に日本で是非彼女の伴奏をしたい」と表明し実現した。彼女は「冬の旅」を今までベルリン・ミュンヘン・ミュンスター・東京・長野・そして彼女の日本でのデビュー地である広島で歌っており、いずれも聴衆に圧倒的な深い感銘を与えている。

 

...この『冬の旅』でアイリカは聴衆に、『冬の旅』を元々シューベルトが書いた高い声域で歌うことの適正さを証明し、感動を与えた。『冬の旅』の世界に完全に溶け込み、時には静かにささやくように、そしてやさしく歌ったかと思うと、次の瞬間には力強く、聴衆を凍りつかせるかのように、苦しみと、痛みと、涙の『冬の旅』を歌ったのだ。」(2011年1月 ミュンスター紙)

山田耕筰 「たたへよ、しらべよ、歌いつれよ 」

 

 

シマノフスキ

 

20129月、ドイツ・シュヴェービッシュ・グミュントのシュヴェール・ハウスにて録音された、ソプラノ・アイリカ・ヴュンシュとピアノ伴奏・ベルンハルト・ヴュンシュによる新作CD

カロル・シマノフスキーの「12の歌」作品17は今回の全曲録音は世界初であり、録音と平行して行われたコンサートでもセンセーショナルを巻き起こした。

また同コンサートで取り上げられたロベルト・シューマンの「詩人の恋」作品48も同時に収録。

 

その時のコンサートの評論が2012919日シュヴェービッシュ・グミュント・レームス新聞に取り上げられていたので参考にしていただきたい。それ以上ここで何も言う必要はないだろう。

 

 

 

感動深きリート芸術の秘密

 

シュヴェール・ハウス・コンサートシリーズはアイリカとベルンハルト・ヴュンシュのリーダーアベントで幕を開けた...

 

 非常に珍しい、そして素晴らしいリーダーアーベントをもって201213年のシュヴェール・ハウス・コンサートシリーズは先週日曜日に始まった。そのシリーズの幕開けとなるその晩、ソプラノ・アイリカ・ヴュンシュとピアニスト・ベルンハルト・ヴュンシュはよく知られたシューマンの「詩人の恋」と、珍しいカロル・シマノフスキーの「12の歌」作品17の、2つの組曲によるプログラムで私達を楽しませてくれた。カロル・シマノフスキーの「12の歌」作品17は後期ロマン派の作品で、それぞれの曲は詩的なものから、時として重苦しい表現の幅を持った作風であり、シマノフスキー自身も言うように、「昨日のものではなく、今日のそして明日のもの」を作曲しているように感じられる。

 歌曲の解釈において、この2人 は最高級のものを持っており、アイリカ・ヴュンシュは全く完璧な歌唱テクニックで私達に声を聴かせ、そしてそれは的確な色彩表現をこなすソプラノ歌手であることを深く 印象付けた。彼女は声を文字通り「花咲かせる」時、特に強調したい彼女のこの世のものとは思えない程の驚くべきピアニッシモから、強靭なフォルティシモに 移っていくのである。そしてそれはカロル・シマノフスキーの「12の 歌」が多分に無調性音楽への世界に入りかけている作品であるからこそ、なおさら特注すべき大変な素晴らしい技であるのである。そしてまた、アイリカ・ヴュンシュの特筆 すべき点は、声のダイナミズムをうまく使い分けて、歌曲の劇性を作り上げていくところにもあり、しかしそういう中にあってもテキストの内容もわかりやす く、全く自然な感じで、楽々と無理なく歌うのである。そしてこの歌手の自由自在のヴィブラート法によって曲の解釈を効果的に強めるうまさはもうすでに大き な芸術であり、感嘆させられるばかりである。2人はこのシマノフスキーの組曲を長い発展豊富な、そしてその中にもはっきりとした周期性のあるシーン展開を持つものとして演奏したので、全体的に色々な面が見えたし、それぞれの違いがはっきりとして変容していくのがわかり、12曲すべての曲が感嘆すべきすばらしきものになったのであるが、それにはもちろん何と言ってもベルンハルト・ヴュンシュの偉大であらゆる箇所において忠実で適切な解釈を持ったピアノ伴奏があったからこそと言えよう。

 

「半ば痛み、半ば喜びの“春への憧れ”の魅力の中で」

休 憩の後、アイリカ・ヴュンシュとベルンハルト・ヴュンシュ は「感動深きリート芸術の秘密」の扉をロベルト・シューマンの「詩人の恋」で開いた。それは、溢れる暖かさ、力強い強調、ダイナミック性コントラストの的 確な用い方、弾力性に富むしなやかさの叙情性をもっての演奏であった。シューマンの「詩人の恋」を聴いた人は、半ば痛みのある、半ば喜びの春への憧れの入 り混じった、靄の様な何ともいえない抗し難い魅力の中に引き込まれてしまう。また、作品中「春」が直接書かれていないときでも「詩人の恋」のハイネの詩 は、この四季感を絶えずはっきりと表しているのである。また数多いドイツ・リートの中で、この作品のように詩と音楽の表現がぴったりと相互に融合し、同時 に繊細を極めているものは本当に少ないと言えよう。アイリカは「詩人の恋」のほのかな悲哀と歓喜の叫びの中を、また詩情と苦々しい恨みの間を行き来しなが らも、叙情的主体をしっかり理解し、形作っており、何とも言い難い偉大な歌手である。その上、発声については究極とも言える完璧なテクニックを積み重ねて あり、声は非の打ち所のない素直で全く無理のない響きなのである。そして、このソプラノ歌手はこのリート歌唱芸術の技を一束にして、あっと驚くばかりの自 然さで、わざとらしさのない表現を音にしてしまうのである。アイリカの正確な音楽表現の感覚は技量と一対になっている。彼女のソプラノの響きはすべての音 域でバランスが取れている。彼女のダイナミズムの自由さは、テキスト内容の自然な表現を生み出すツールにもなっており、そのささやくような、それでもしっ かりと支えられたピアニッシモは、とろける甘さをも表出させ、時に高音域でのかぶせたフォルティッシモは壁でも打ち破ってしまうかの様な力をも見せるので ある。そしてベルンハルト・ヴュンシュのピアノは絶えずこのシューマンの虹色に輝く陶酔する美しさに満ち溢れた音楽の特別な色彩感をかもし出していたので ある。

 最後に2人は聴衆の割れんばかりの拍手に答えて、アンコール曲として「詩人の恋」より再び「あなたの目を見つめるとき」を満ち足りた喜びの中で演奏した。

 

2012919日シュヴェービッシュ・グミュント・レームス新聞)